それ日本のせい!?韓国の「日本式サービスの真似っぷりが異常」と中国が報道

韓国で顧客が横暴になったのは日本式サービスの流入のせい!?

以前、韓国の百貨店の駐車場案内係の態度がよくないと、クレームをつけた客が、土下座するように強要したり頬を殴るなどしたことで、客商売の過剰サービスが客を助長していると報道されたことがありました。

韓国のニュースデイリーによると、お客様第一主義のサービスの考えは1990年に日本から入ってきたもので、ロッテ百貨店が導入したのちにスーパーやコンビニなどまで広まったらしいのですが、ファミリーレストランも日本から韓国に入って来たもので、客の要求を全面的に受け入れるような日本式のサービスのシステムとなったことで、ますます客が横暴になったのではと言っています。

韓国 日本式サービスの真似っぷりが異常

中国の報道では、韓国は日本を真似るレベルが異常だと表現

日本では、お客様第一主義だとしても多くの客は、サービスの提供への期待には節度を持ち、サービスを受ける側であっても気を使うなど、客だから何でも許されるとは大抵の人は思っていません。日本式のサービスの一部だけを取り入れたところに根本的な問題があり、そもそもの韓国の受け皿がどうだったのか?というところが問題のようです。

http://buzzfreak.net/bullet-train-miracle-cleaning-stuff/

ちなみに韓国国内の反応は、

確かに日本を真似するレベルが異常すぎ

・日本ではナッツ・リターン後、「パワハラ」って単語が流行っているらしい

過剰な親切はイヤだなぁ

・でも、不親切よりは親切がいいよね

日本にもああいうモンスタークレーマーっているのかな?

など、過剰すぎるサービスには違和感を抱いている人が多いようです。

SOURCE : FOCUS-ASIA.COM

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です