寺の住職(59歳)が下着ドロボウ!

秋田県で寺の住職がベランダに干してあったパンツとブラジャーを盗んで逮捕されました。

住職は、今月16日の夜11時に一階のベランダに干してあった下着を盗んだところを、住民がもの音に気がついて発見したものです。

容疑者は、真宗大谷派の寺院の住職で、59歳。事実が確認され次第、京都の本山の審問院で処分が検討されるという。

住職の後継者が人材不足がさけばれている中、一人の貴重な住職を失うことになるのは忍びないことです。

source: 産経ニュース

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です