NASAが垂直離発着可能な無人機を公開!

米バージニア州ハンプトンにあるNASAのラングレー研究センターで、試験飛行を行う垂直離発着可能な無人機の試作機「Greased Lightning(グリースト ライトニング:電光石火の意)」、通称GL-10を公開しました。

NASAは、ヘリコプターのような垂直離着陸と固定翼機のような水平飛行の両方が可能な航空機の開発に取り組んでおり、このGL-10は翼長が3.05mの主翼に8個、尾翼に2個の合計10個のモーターとプロペラで、垂直離着陸と水平飛行のどちらもをおこなうことができるそうです。

最大離陸重量は28.1kgで操縦は遠隔操作で行うようになっています。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です