衝撃!3Dプリンターでミサイルを作る時代がやってくる!?

いずれは兵士がその場でミサイルを3Dプリントして使用する事も可能になる!?

現在、安いものだと5万円以下で手に入れる事ができ、設計図となるデータがあれば何でも作る事ができるが故に作り手次第で善にも悪にもなる3Dプリンターですが、今後は軍事分野でも活用される事になっていきそうです。

米国の軍需製品メーカー大手 レイセオンは、3Dプリンターを使用してミサイルの部品をプリントする試みを実施している事をホームページにて明らかにしています。

3d-printers-make-the-missile-age-is-coming

この試みにはまだまだ課題があるようなのですが、レイセオンの技術者、ジェレミー ダンフォース氏によると、すでにミサイルを構成する部品の80%は印刷をしたとの事で、近い将来、今までのミサイルの製造過程に革新的変化をもたらすことになりそうです。そして、いつか兵士が戦場でミサイルをその場で作って使う日が来るのかも知れません。

このような「いざ」という時の為の技術の進歩はある意味仕方のない事なのかも知れませんが、ミサイルが使われる日が来ない事を願ってやみません。

SOURCE:RAYTHEON
via:ギズモード・ジャパン

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です