車に放置された犬を救おうと車を破壊して逮捕された男性、免責に!速やかな法改正に賞賛の声も!?

米テネシー州の男性、炎天下の車内に残された犬を車を破壊して救出!しかし…

世間で騒がれているにも関わらず無くならない子供の車内放置。かわいそうな事にアメリカでは炎天下の中、車に放置されて亡くなる子供は年間平均で38人にも上るといいます。米テネシー州ではそういった悲劇を少しでも防ぐため、子供を救うためであれば、例え他人の車であっても窓ガラスを破壊する事を認めた法律があるそうです。

man-arrested-destroying-the-car-and-save-the-dog-was-left-in-the-car-were-disclaimer

米ジョージア州で炎天下の中、車に放置されていた犬を見かけたマイケル・ハモンズさんは飼い主の姿が無かったため、犬の生命を救うためにやむを得ず車の窓ガラスを破壊して救い出しました。

しかし、その後ハモンズさんは逮捕されることになってしまいました。幸い今回はハモンズさんへの告訴は取り下げられたそうですが、今後このような事が起こらないように米テネシー州が動きます。

冒頭でもご紹介した子供を守るための法律の対象を動物(ペット)にも適用できるように改正されたのです。これにより、今後車内に放置されたペットがいて車を破壊した場合でも民事上の責任は問われなくなり、ハモンズさんは免責となりました。

man-arrested-destroying-the-car-and-save-the-dog-was-left-in-the-car-were-disclaimer

これに対するネットの反応は、「(ハモンズさん)かっこいい!」「むしろ飼い主が逮捕されればいいのに」「助かって良かった!」「法律が改正されるのは凄い。日本とは違うね」など、勇気を持って犬を助けたハモンズさんと速やかに法改正された事への賞賛の声とともに、放置していた飼い主や放置をする全ての人間への怒りの声、日本の法律についての不満の声などが目立ちました。

日本でも朝の情報番組のマスコット犬の兄弟が車内に残され亡くなったという悲しい出来事も記憶に新しいところではないでしょうか。また、身近なところでも残念な事に子供やペットを車内に取り残されているのを見かけたという事も耳にする事もあるのが現状です。

日本でもこういった生命を守るための法改正が速やかに実施されればいいのにと個人的に思いますが、皆さんはどう思いますか?

SOURCE:CNN
via:Girls Channel

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です