ダイハツ、コペン第3弾コペン セロとコペン エクスプレイSを発売【ギャラリー】

丸目のコペンが復活!エクスプレイ上級モデルも同時発売!

ダイハツ工業は、軽オープンスポーツカー「コペン」の第3弾「コペン セロ」と、第2弾モデルの「コペン エクスプレイ」の上級グレードとなる「コペン エクスプレイS」を2015年6月18日に発売しました。

プレスリリースによると、コペン セロの「CERO」とは、丸みのある意匠とDRESS-FORMATIONの始まりを表現すべく「Circle」と「Zero」からの造語との事。その由来の通り、丸型のヘッドランプを採用しています。このヘッドランプは、1つの光源でハイ/ロービームを切替できるBi-Angle LEDを軽自動車で初めて採用されたものとの事。

daihatsu-copen-cero-and-copen-xplays-release

先に発売されている2つのモデルと足回りなどは同一で、内装はインパネを水平基調の「ストレートフレーム」として、スポーティなイメージを追求しています。

セロとローブは内外装着脱構造「DRESS-FORMATION」を採用しており、ドアを除く樹脂外板や、ヘッドランプ等の灯火器類を交換することができ、量産車では世界初の試みとなります。

交換が可能なパーツ(ヘッドランプ、リアコンビランプ、フード、トランクフード、フロント/リアバンパー、フロント/リアフェンダー)をフルセットにした「DRESSパーツ」はオプションで35万円前後で購入できる予定で、販売は2015年10月開始を見込んでいるとの事。

daihatsu-copen-cero-and-copen-xplays-release

価格はCVTモデルは185万円2,200円で5速MTモデルは187万3,800円。
同時発売されるエクプレイSはCVT199万円8,000円、5速MTモデルが201万9,600円。

ついに揃ったコペンシリーズ。10月から開始されるDRESS-FORMATIONサービスがどんな展開になるのか楽しみですね。

コペン セロ&コペン エクスプレイ

スライドショーには JavaScript が必要です。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です