ついに宇宙時代に!?カナダ企業が「宇宙エレベーター」の特許を取得!

SF映画やアニメのストーリーでしか見たことがない「宇宙エレベーター」が現実に!?

カナダ オンタリオ州ペンブロークのThoth Technology社は7月、成層圏の高さまで上る事が可能な「宇宙エレベーター」の米国特許を取得しました。タワーの高さを地上20kmを想定しているとの事です。

AFPBB News

宇宙開発だけではなく、発電・観光分野にも利用

高層階は発電や通信施設、観光用のデッキとして使用し、屋上は物資や機器、ロケット等の発着所として活用する構想があるようです。開発者のBrendan Quine氏は「宇宙飛行士がこのエレベーターで地上20kmのところまで上がり、屋上からスペースプレーンを発進させ、さらにここに着陸して給油してまた発進させることができる」と語っています。

IRORIO(イロリオ)

Googleも宇宙エレベーターを開発している!?

一部報道によると、宇宙エレベーターについてはGoogleも独自に 「Astro Teller」と「X group」が中心となって、開発を検討しているようです。

TechCrunch Japan

宇宙時代はそう遠くない!?

「宇宙エレベーターと並行して、他社によるセルフランディング型の宇宙飛行機の開発が進められれば、宇宙開発分野に新たな時代が訪れるでしょう。」とThoth Technology社CEOのCaroline Roberts氏は語っています。

IRORIO(イロリオ)

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です