モビルアーマーではありません!奇抜なデザインだけど乗る人を選ばないEV「TULIP」【動画】

デザインだけじゃない!都市部で使う事を考えられた「輸送機」

チューリップをイメージしたカウルや前タイヤを覆い隠すように取り付けられたホイールカバーが斬新なこのEVコンセプト「TULIP」は、ブルガリアのデザイナー、Ognyan Bozhilov氏が都市部に住む人のための究極の移動手段をイメージしてデザインしたもの。

特徴的なカウルやホイールカバーは空気抵抗を低減させるように計算されており、低重心でコンパクトな設計は安定した走りと駐車しやすも考慮されているそうです。

3kWhリチウムイオンバッテリーと7kWモーターの組み合わせで100kmもの距離を走行することができ、街乗りからちょっとした遠出まで可能。

またペダル発電システムを取り付けることもできる他、エアバッグやチャイルドシートを取り付けられる等自由度の高いカスタマイズ性も特徴の一つとのこと。

ガンダムのエルメスに見えてしまうのは筆者だけではないはず…

Tulip Concept EV

SOURCE:Tuvie

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です