インターネット接続用ドローン「Aquila」をFacebookが発表!【動画】

27km上空からネット接続環境を提供するドローン「Aquila」

Facebookは世界中、特にアフリカなどのインターネットに接続できる環境がない地域にネット環境を構築するために設立したプロジェクト「Internet.org」で開発を進めてきた太陽光をエネルギーとして動作するドローン「Aquila」を発表しました。

Facebook-drone-aquila

Facebook-drone-aquila

Facebook-drone-aquila

Aquilaにはレーザー光線を送受信する装置が設置され、地上のレーザー受信装置や他のAquilaにレーザーを送信することでインターネット通信網を構築、Aquilaが上空にいるエリアではWi-FiもしくはLTEネットワークに変換され、毎秒数十ギガビットの高速通信が可能となるという仕組みといいます。

Facebook-drone-aquila

AquilaはまるでブーメランのようなV字の形の機体で、翼の幅はボーイング737より長く巨大なのですが、翼の素材はカーボンナノチューブで形成されているため軽量で、丈夫なものとなっています。

また、翼の表面は太陽電池板で覆われており、可動自体は上空6万〜9万フィート(約18〜27km)に約1か月滞在が可能との事です。

Facebook-drone-aquila

Aquilaは、まだまだテスト段階ではあるのですが、このまま着実にテストを重ねていき、いずれは世界中の人々が平等にインターネットを活用できる環境を整えていって欲しいですね。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です