赤ちゃんに使うあるものを使って錦鯉に餌やり!?中国の公園が話題に

日本の国魚である「錦鯉」。その錦鯉のエサやりと言えば、お金持ちのおじさんが庭の池で飼っている錦鯉にパラパラと餌を巻いているイメージが個人的に強いのですが、中国にとてもユニーク方法で鯉に餌付けができる公園があり、人気スポットとなっているそうです。

鯉に餌やりをする人々

安徽(アンキ)省 合肥(ゴウヒ)市にあるシャオヤオチン公園には錦鯉を放している大きな池があるのですが、そこでは長い棒の先に鯉の餌を水に溶かしたものが入った哺乳瓶を取り付けたものを使い、餌を与えるアトラクションを始めたところそれが鯉にも人間にも大好評で、一躍親子連れを中心に人気となったようです。

哺乳瓶で餌やり2

通常鯉は、水面に近づく長いモノを避ける習性があるようなので、この哺乳瓶に競って飛びつく光景は、なかなか珍しいものなのかも知れません。

それにしても、錦鯉ってキレイで美しいイメージだったんですけど、哺乳瓶に飛びついている錦鯉たちは結構カワイイものですね(笑)

China: Visitors BOTTLE FEED koi carp at Xiaoyaojin Park

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です