マンションが巨大ロボにトランスフォームしちゃう三井不動産のCMが面白すぎる【動画】

普通に番組として制作して欲しい程のクオリティのCMが話題となっています。

三井不動産レジデンシャルの「柏の葉スマートシティ」のCMとしてYouTubeで公開されている「超機動街区 KASHIWA-NO-HA」は、米国アカデミー賞短編アニメーション部門ノミネート作品「九十九」、カップヌードルのCMでも話題となった「FREEDOM」の森田修平監督と、「九十九」の製作陣が再集結して製作されたもので、モデルルームを見学しに来たとある普通の家族が遭遇す柏の葉スマートシティに隠された秘密が次第に明らかになっていく。といった内容で全3話で構成されるとの事です。

また、同時に「柏の葉の下で」のタイトルで月刊コンプエースに全3話で短期連載されています。

巨大ロボット物件に住むというのはちょっと考えちゃいますが、実際の柏の葉スマートタウンは都心へのアクセスの良さや商業施設なども近く、特にファミリー層が住みやすい街となっています。

超機動街区 KASHIWA-NO-HA/第一話『The Gate Tower』/三井不動産レジデンシャル

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です