こんなに違う!女性の理想スタイル 過去3000年の移り変り【動画】

古代エジプト(紀元前1292-1069 年)

Women's Ideal Body 3000 years

古代エジプトの女性は自由を謳歌していました。性に寛容だった社会のため、婚前交渉など当たり前。ちなみに財産を持つことも、離婚をすることも可能で、社会的にも何の問題もなかったのです。王にだってなれたほど。

この時代の芸術からは、髪の毛が長く、編み込みにした女性の姿を垣間見ることができます。目の周辺を真っ黒に化粧をしていたことを考えると、大きい目の人が良かったのでしょうか。また、ウエストの位置が高く、スレンダーで、肩の華奢な人が好まれたようです。

古代ギリシャ(紀元前500-300年)

Women's Ideal Body 3000 years

アリストテレスは女性のことを「男性を奇形にしたもの」と言っていましたが、確かに古代ギリシャは男性優位の社会でした。男性の肉体の方が注目され、その分男性の方がトレーニングなどにはげまなければならなかったのです。

また、この時代の彫刻やレリーフなどでは、男性はヌードで描かれることが多いですが、女性は何かしらの布で被われていることが多いです。そして、女神像などに代表されるように、ある程度ふくよかな体が美しいとされていました。

漢王朝(紀元前206-西暦220年)

Women's Ideal Body 3000 years

この時代、中国社会は男性優位の家長社会です。そのため、女性の権利や役割などはないに等しいものでした。漢王朝時代、細く、華奢で、肌が美しい女性がよしとされました。色白で、長い黒髪、赤い唇、白い歯、そして美しい所作。足は小さければ小さいほどよく、これが纏足へと繋がったとされています。

イタリア ルネサンス(西暦1400-1700年)

Women's Ideal Body 3000 years

ルネサンスの時期のイタリアの社会の中心はカトリックの教えです。そのため、女性は貞節さに重きが置かれ、社会的にも家庭内でも男性と切り離されて生活していたようです。女性の価値は、どのような父の元に生まれ、どのような男と結婚したかで決まりました。

ルネサンス期の女性は、豊かさを示す丸みを帯びた体型が好まれました。大きなお尻に存在感のある胸、肌は白く、ほんのり赤いブロンドの髪に広い額が美人とされました。

イギリス ビクトリア朝(西暦1837-1901年)

Women's Ideal Body 3000 years

ビクトリア朝はビクトリア女王がイギリスを統治した時期です。

彼女の影響たるやものすごいものがありました。ビクトリア女王は18歳で即位。その後結婚、出産をしたため、この社会では、女王と同じように家庭や家族を支える母親役を全うできる女性が評価されました。従って、よい母親像が当時の理想像です。

この時代、女性はウエストをコルセットで締め付け、できる限り細くしていました。

コルセットは動きを制限するため、それを身に付けていれば、労働者ではない=働かなくていい=ステータスシンボルという側面もありました。

20世紀の幕開け(1920年代)

Women's Ideal Body 3000 years

アメリカの女性が参政権を得たのは1920年。この時代は新時代の幕開けといっていいでしょう。第一次世界大戦などにより社会に進出する機会が増えはじめ、男性に頼らなくても生きていける女性が出てきました。

それに伴い、女性の髪型として歴史上初のショートカットが登場。

またスカートも動きやすいように徐々に短くなりました。前時代に流行したコルセットは姿を消し、女性らしいラインを感じさせない、細く、ボーイッシュな体型が好まれました。

ハリウッド全盛期(1930-1950年)

Women's Ideal Body 3000 years

30年代から50年代のハリウッドの全盛期には、映画におけるモラルが突き詰めて考えられ、道徳的に受けいられるものとそうでないものを分ける検閲制度のヘイズ・コードが設けられた時代です。それもあって、確固たる「理想の女性像」が作られました。マリリン・モンローのような豊かな胸とお尻、細いウエストの女性がそれにあたります。

揺れる1960年代(1960年代)

Women's Ideal Body 3000 years

女性解放運動が進んだ60年代、女性たちはさらに社会に出て働くようになり、また男性同等の権利も得はじめました。人気だったのはミニスカート。モデルのツイッギーに代表されるショートヘアにAラインのミニワンピースが流行、とにかく誰もが痩せて細くなりたがりました。

スーパーモデル時代(1980年代)

Women's Ideal Body 3000 years

エアロビクスが流行、運動して体型を整えることが一般的になりました。背が高く、筋肉質だけれど女性らしい、例えばスーパーモデルのシンディ・クロフォードなどが理想の体型とされた時代です。

ヘロイン中毒風(1990年代)

Women's Ideal Body 3000 years

とにかく努力するのが80年代だとしたら、90年代には、ケイト・モスのようなヘロイン中毒者のようなガリガリに痩せた体型が注目されました。この時代は確かにヘロイン中毒者が多く、1997年には当時の米国大統領クリントン氏がそのことについて言及しています。

ポストモダン・ビューティー(2000年代から現在)

Women's Ideal Body 3000 years

そして女性たちは現在、たくさんのことを求められるようになりました。痩せていて、健康的で、胸があって、下腹はかぎりなくぺたんこで、ウエストは細い、という体型です。

その全てを満たす体型を得るのが難しいためか、整形する人が多く出てきたのが現代の特徴。とくに、SNSなどのインターネットメディアに自分の写真を乗せる機会が多くなり、自撮りのために豊胸、豊尻手術を受ける人もいるほどだそう。

Women’s Ideal Body Types Throughout History

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です