半身不随の子猫 クラーク、スーパーマンのように後ろの車輪で健気に走り回る!【動画】

後ろ足に車輪をつけたこの子猫の名前はClark Kentといいます。生後4週間程の頃、犬に噛まれて後ろ足に酷い怪我を負い、カナダのオンタリオ州にある動物愛護団体「TAAG」に運ばれてきました。この時はすでに後ろ足は麻痺してしまい動かすことができませんでした。このままだと背骨とその周辺にある神経が機能しなくなってしまうため、TAAGからClarkを貰い受けた家ではこのようなお手製の車輪をつけてあげたのです。

Clark-with-wheel

獣医は、Clark は将来、手術をして足を切断をしなければならないと話しているそうですが、それはもう少し大きくなってからの話。現在彼は成長中のため、数週間ごとに車輪を取り替えているそうです。

Clark-with-wheel

Clark自身は後ろ足が車輪だということを何とも思っていない様子で、どこでも走っていき、活発に動き回っています。唯一できないのは階段を登ることなのですが、負けず嫌いな性格らしく、それでもトライする健気な一面も見せているそうです。

獣医に行くために帽子でおめかししたClark

これから痛い思いをすることもあるのでしょうが、元気に生きていって欲しいですね。TAAGでは、ケアが必要な動物ほど早くに亡くなっていくようで、Clarkにはいつまでも健康でいて欲しいということでした。

Source: Life With Cats

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です